知って得する最新の薄毛治療情報

薄毛治療は、長期にわたって薬を服用する治療のほか、最近では、技術の進歩によってさまざまな治療法があります。頭頂部や生え際が薄くなるAGAには、フィナステリドやミノキシジルといった治療薬が有効と言われていますが、必ずしもこの治療薬ですべての人の薄毛が改善できるとはいえません。もっとも効果的な薄毛治療は、自毛植毛で、薄毛の原因となる5αリダクターゼの影響をうけにくい、後頭部や側頭部の毛髪を、薄毛が気になる部分に移植することで、永久的に毛は生え続けていきます。ただ、現代の医学では、移植させる毛は、後頭部などからしか採取することができないため、数には制限があります。また、毛根の生える向きには個人差があるため、熟練した医師の技術が必要になります。

今注目されている毛髪再生メソセラピーとは

毛髪再生メソセラピーは、医療薬を頭皮に直接注射器で注入することで、毛根に直接有効成分が働きかけ、丈夫な髪の発毛が期待できる方法です。注射器で注入するだけなので、傷跡も残らず、効果が高いということで近年注目を集めている薄毛治療となっています。この毛髪再生メソセラピーは、効果を最大に発揮するために、頭皮ケアを行って古い頭皮を再生するように促進していきます。超音波を使用して、有効成分が行き届きやすいようにし、発毛を促進する成分が豊富に含まれている幹細胞から抽出したタンパク質を使用していきます。注入した有効成分は、毛母細胞への十分な栄養の供給を効果的にサポートし、半年から1年ほどで発毛効果を実感することができます。この毛髪再生メソセラピーは、痛みがなく効果が高いことから、人気となっています。

最新の薄毛治療で育毛を実感するには

現在ではさまざまな薄毛の治療がありますが、血行促進法は今もっとも注目されている治療法です。血行促進療法とは、血流を増加させて、毛母細胞を活性化させて、薄毛部分の新陳代謝を高め、細胞を若返らせることで、髪が生えやすく抜けにくい状態を作り出す最新の治療法です。血行を促進するガスを頭皮に注入することで、頭皮環境を改善させることができます。AGA治療薬として認知度のあるミノキシジルは、血管拡張作用があるため、薄毛に効果的ですが、使用を中断するとまた薄毛に戻ってしまうというデメリットがあります。一方、血行促進ガスの場合は、注入することで毛細血管が発達をはじめ、新鮮な酸素が供給されるようになるため、髪を作り出しやすい環境が整えられますし、頭皮を若々しく柔らかい状態にするメリットがあります。